音楽と記憶と監獄。 - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

音楽と記憶と監獄。

MISIAの

Love&Ballads -The Best Ballade Collection-

DSC_3183.jpg

を久しぶりに聴いている。

実は昔から好きなんですよ。

歌詞の中身は全く理解してませんがね。

やっぱり昔から聴いている音楽を聴くと、その曲と共に在った自分の記憶。

匂い。

風景。

側に居た者の顔。

色々な記憶が鮮明に蘇ってくる。

今の自分を苦しめるほどの記憶は全然ないから、こうして音楽で昔を振り返るのもたまにはいい。

過去の記憶は自分自身の歴史書みたいなもんだからね。

一寸先のこれからの人生より辿って来た過去の方が長く、そこに確実に存在したもの。


古くからの仲間から

「昔のこと細かくよく覚えてるな」

と驚かれることがある。

記憶ってのは記憶力の問題じゃなくて繰り返し繰り返し思い出すことで新たな記憶として更新されていくものだと聞いたことがある。

多分そうなのだろう。

普通に生活していれば日々の生活に追われ、記憶を繰り返し掘り起こすことなんてしない。

でも獄中では違う。

考える時間だけは沢山ある。

そして新たな記憶を作っていける変化も進化もない。

だからただひたすら過去の記憶を掘り起こして楽しむ。

ニヤニヤしたり、勃起したり、ムカついたり…

獄中で18年、毎日毎日過去を掘り起こして記憶を更新する。

だから30年前のこともつい昨日のことのように覚えているわけだ。


で思う。

これから先、獄で楽しめる思い出をこの6年で俺は作れたかな?

と。

多分作れたと思う。

なんだか刑務所行く為の思い出作りをしているようで嫌な気分になるが、刑務所と外とでは壁一枚隔てているだけ。

不良だって堅気だって同じ。

誰もが獄に落ちる可能性はある。

実際に刑務所の中では不良より堅気の受刑者の方が圧倒的に多いしね。

外ではたまにしか掘り起こさない過去の記憶も獄中では日々の楽しみ。

ってことはやっぱり獄に落ちた時の為の思い出作りを今しているんだな。

と思う。


この6年に作り上げた思い出だけで獄に落ちても10年は楽しめそうだ。

音楽ってスゲーな。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
21位
アクセスランキングを見る>>