fuck - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

fuck

埼玉プロジェクト2016

そろそろすべての音源が揃う。

仕上がってる曲を並べてジックリと聴き込む。

これらの曲は12月10日

川越G-STYLEで開催されるイベント

【埼玉プロジェクト2016】

でLIVE披露することで完成する。

なのに…

実は今回の埼玉プロジェクトに参加しているラッパーのうち某レーベル所属の2人が12月10日のステージに立てない。

スケジュール調整の問題ではなく

バックレ。

最初にその報告を受けた際には

『仕方のないことだ』

と冷静に受け止めたが、考えれば考えるほど頭が冷えていく。

2人セットで作った曲から1人が抜けてどうLIVEするか?

現実的に考え、残った1人の意見も聞いてみる。

ステージに立てない者の部分をカットしてLIVEするということはよくあることだが…

この曲に関してはその方法でのLIVEは成立しない。

『LIVEをホントに楽しみにしていました』

という残された者の声。

12月10日のLIVEを前提に制作した曲を相方に投げ出されて残った者の気持ち。

逃げ出した奴にも事情はあるのだろう。

俺達裏方も制作に際してはこういうリスクも承知している。

でも腹は立つ。


残念ながらこの曲はお蔵入りとなります。

AZMA Mother Fucker!!!!!!

jaketmfd



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヒップホップの世界はバックれは多いみたいですね。
DJm'tさんは最近みないのですが…

Re: No title

> ヒップホップの世界はバックれは多いみたいですね。
> DJm'tさんは最近みないのですが…


最近のM'tはDJとして現場に出てはいませんが裏方として若手の育成や制作などしているようです。

『DJしてなくてもHIPHOPは出来る』

というM'tの言葉を聞いたことがありますが、T.R.L若手の影の力になっているのだと思っています。

No title

お返事ありがとうございます。裏方さんの力ってすごいですね。666さんも含め裏方でも若手の育成なんかされてる方って素敵です。

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
27位
アクセスランキングを見る>>