CROSS ROAD@BAY HALL レポ - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

CROSS ROAD@BAY HALL レポ

CROSS ROAD@BAY HALL

2016122808.jpg

毎年この時期になるとインフルエンザになったり、腰を痛めたりしてここ数年行けてなかったこのイベント。

今年は調子も良く久しぶりのMADSTA出演ということもあって行ってきましたよ。

何年振りかのBAY HALL

BIG RONに誘われて初めてBAY HALLに行ったのが6年前。

この時はちょっと格好つけて40フィートの自家用クルーザーで出掛け、兄弟分二人の操船に不安を感じ寒さに震えながらBAY HALLに横付けしたのを思い出す。

PAP_0013.jpg
PAP_0014.jpg

BIG RON…

会いてぇなぁ。

俺がこのシーンで全国各地広く交流を持てるようになったのはBIG RONのお陰。

地元・埼玉のアーティストとの交流を深めるより先に県外のアーティストとのコネクションを作り上げるという逆パターン。

昨夜のBAY HALL

何かが足りないと思っていたが

そうか

BIG RONがいねぇからだったんだな。

会いてぇなぁ。


CROSS ROADの話だったね。

今回はレーベルに所属するRESISTANCEからSCAR DOGを連れて行ってきた。

所謂「ウェッサイ」と呼ばれる大きなイベントで

『学びたい』

と。

行きの車で予習の為に2009年のコイツを流しながら横浜へ向かう。

2016122815.jpg

晴れた真っ青な空にピッタリの懐かしい曲達。

何度も通った横浜への道。

色々と思い出しますね。


会場に到着してすぐに久しぶりの面々との再会。

今ではこのイベントでしか会えない。



今回このイベントに出掛けた一つの理由。

『これから先、所謂「ウェッサイ」というシーンは生き残れるのか?』

それを計ることのできる唯一のイベント。

控室でDJ GOともそんな話をしたが、俺が思うに

DJ GOなどの先駆者が最初に作り上げ、彼らが求めた日本の「ウェッサイ・シーン」は彼らのキャリアと共に終焉を迎えるんじゃないかと。

それでも続けなければならない。

今辞めてしまったら可能性はゼロになるだけだからね。

そうやって続けているイベントがこのCROSS ROAD

クラブではなくホールにこだわっている。

何故か?

若手のアーティストの向上心とステータスを持たせるためなんじゃないかな。

50人から多くて100人のお客さんの前で「当たり前」にライブすることしか出来ない若手アーティストが500人1000人集まるステージに立てる。

だから誰でも立てるステージであってはならない。

『500人1000人の客とデカいホールを用意してやる』

『だからこのステージ目指して頑張れ!』

そんな敷居の高いイベントは必要なんだと思うよ。

だってアーティストは何処目指してんのよ?

本音じゃミュージックステーションや紅白歌合戦に出たいと思ってる奴だっているだろ?

大きな舞台に立つことを夢見てるんじゃないの?

50人の客の前で一生ライブしてて満足なの?

今回MADSTAがこのイベントに出演することになってから他の出演者のSNS告知をずっと見て来た。

まともな告知もしてない出演者がチラホラ見受けられたが

『このイベントに出演出来て嬉しくないの?』

って思ったよ。

『出演して当たり前』

なんて思ってるアーティストに慈悲なんていらない。

そんなの若手はもとより大御所だろうと切ってしまえ!

って思う。



憎まれ口はここまで。

写真…

2016122807.jpg
2016122810.jpg
2016122805.jpg

そう

久しぶりに詩音に会った。

来年は詩音の新しい曲聴けるかな?

この日のライブ

俺にとっての一等賞はK-SIDE

やっぱりクソ格好イイ!

それと

全く興味のなかったt-Ace

ホント、興味ゼロ

だったんだが、初めてライブ見て

『面白い』

と思った。

ラッパーといえばみんな「格好つける」のが当たり前で過剰な悪ぶりが鼻につくことが多いが、このt-Aceってラッパーのライブはとてもラフでナチュラル。

少しも鼻につかない。

ドロドロの十影と対をなす爽やかな"クズ"

MVを片っ端から見てみたが、ステージで魅せられる数少ないラッパーのひとりだね。

帰りの車は早速コレ聴きながら…

2016122814.jpg

帰宅して

LiL KENから那須のお土産、"御用邸"チーズケーキを独り占め。

2016122804.jpg

甘党なんです。

シャスデリ~


2016122801.jpg

コメント

うん

昨日はホントありがとうございました!感謝してます!(笑)
仕事忘れてて仕事してから向かって、駅から♿でで15分くらいかけてさむい中行って、やっと着いたと思ったら、入れません!( ; ゜Д゜)涙出そうなときに666さんとMFDくんが階段から降りてきて…助けてくれました!このときは、嬉し涙が出そうでした!二時間しか観ることが出来なかったけど、スゴく楽しかった!ある意味666さんと同じ考えのところもありました!色々考えさせられることありましたが、666さんにはいつも助けられててなにも返すものないけど(^_^;)(笑)上手く表現できないけど…ありがとうございました!m(__)mライブにいつまで行けるのかわかりませんが、又会えるの楽しみにしています!

Re: うん

> 昨日はホントありがとうございました!感謝してます!(笑)
> 仕事忘れてて仕事してから向かって、駅から♿でで15分くらいかけてさむい中行って、やっと着いたと思ったら、入れません!( ; ゜Д゜)涙出そうなときに666さんとMFDくんが階段から降りてきて…助けてくれました!このときは、嬉し涙が出そうでした!二時間しか観ることが出来なかったけど、スゴく楽しかった!ある意味666さんと同じ考えのところもありました!色々考えさせられることありましたが、666さんにはいつも助けられててなにも返すものないけど(^_^;)(笑)上手く表現できないけど…ありがとうございました!m(__)mライブにいつまで行けるのかわかりませんが、又会えるの楽しみにしています!


遠いところありがとうございました。

目が届かず不便をかけてしまいましたね。

「助けられた」などと思わず心安くまた遊びに来て下さい。

No title

考えてみれば今もシーンを牽引しているのは日本にウェッサイを広めたアーティストが中心だと気付きました。
日本のヒップホップシーン全体で見れば廃れることはないんでしょうけど、それはきっとウェッサイ以外のアーティストのことかもしれません。
私がヒップホップにハマった切っ掛けこそ2002年のギドラ再結成でしたけど、当時ウェッサイシーンの人達には東京の所謂王道のニューヨークのヒップホップに影響を受けたスタイルの人達とは違ったカッコ良さを感じました。
地元をレペゼンし、地方から全国に発信していくスタイルに好感が持てました。
それに2000年代は日本のウェッサイシーンにとってクラシックと呼べる良作が多かったと思います。
自分なりに日本のヒップホップを聴いて観てきた者として、ウェッサイとウェッサイ以外のアーティストの何が違うのか考えてみました。
今となっては一概には言えなくなりましたがヒップホップは基本的には不良の音楽だと思っています。
でも不良が不良にしか伝わらないようなリリックやPVばかりを作っていたらダメなんだと思います。
不良が、不良も引きこもりも共感出来るような音楽が今の時代には必要なんじゃないかと思います。
ウェッサイ以外の人達にはそれが出来ているアーティストが多いように思います。
直感的に思い付くのはANARCHYでしょうか。
自分はゴリゴリのウェッサイも好きだし、ハードコアなラッパーも好きだけど、それだけでは今の時代にこれ以上ウェッサイシーンが勢力を拡大し、繁栄させることは難しいと思います。
ウェッサイらしさを保ちつつ、どうやったらウェッサイに縁や興味の無い人達に受け入れられるかは正直自分の中でも明確な答えは出ていないのですが、ウェッサイ以外のアーティストが今これだけ沢山のメディアに取り上げられるようになって、それが「ウェッサイだから」という理由で出来ないとは思えないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
21位
アクセスランキングを見る>>