男と女の心理戦。 - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

男と女の心理戦。

自宅に女を招いた時

ちゃんと掃除したつもりが稀にテーブルの脚に挟まった陰毛が発見される。

女『なにこれ?』
男『陰毛だろ。捨てとけ』
女『自分で捨ててよ』

仕方がないからそいつをつまむと少し細くて柔らかい。

女『それ誰の?』

よく見ていやがる。

「俺んだろ」と答えれば「アンタそんなに細くないでしょ」という会話が交わされることは想定済なので省略して

男『パイパン好きの俺が毛の生えた女を自宅に招いたりしないぞ』

と後半嘘の言い訳をしてみる。

普段、この手の事情聴取には黙秘権を行使するか居直りの自供をするかのふたつ。

でも少し面白いから世の多くの男子を真似てジタバタしてみる。

女『ホント、パイパン好きだよね』
男『うん、好き』
女『うふっ』

ん?

「うふっ」って何だ?

「うふっ」の後に「チュッ」って繋げればいいのか?

それで全ては解決なのか?

それじゃ面白くない。

でも女は男ほど馬鹿じゃないからそんなことで解決なんてしない。

女『パイパンしかウチには入れないの?』
男『当たり前じゃん』

「パイパンならウチに入れるんだ」とは言わない。

それより俺が普段使わない「…じゃん」に敏感に反応する。

女『ふ~ん』

これが怖い。

女の「ふ~ん」は自信の表れで大抵は「でもさぁ…」で続く。

案の定

女『でもさぁ、私が初めてパイパンにしたのってここのお風呂場だよね』

はいピンチ。

政治家なら「記憶に御座いません」
弁護士なら「証拠を提示して下さい」
ヤクザなら「ガタガタ言ってっとブッ殺すぞ」
裁判官なら「疑わしきは罰せずの原則に基づいて無罪」
GANMAなら「ねぇねぇいいじゃんそんなの~早くぅ~」

どの対応もまぁ面白くない。

もっとも疑わしくてチープで長文な言い訳を考える。

男『ならお前が最初に来た時に置いてった奴じゃない。お前が来たのって先月だし、それからあまり掃除してないし、
掃除したってテーブルの脚に引っかかった毛なんて取れないでしょ?そもそもお前がどこかから連れて来た陰毛じゃないのか?』
女『…』

あれ?

あれれ

少しの無言の後

女『私が今日連れて来たとしてもテーブルの脚に引っかかるって変じゃん』

あれ?

こいつも「じゃん」なんて言ってるぞ。

しかも冒頭の「でもさぁ」がない。

風向きが変わった。

想定外。

テーブルの脚に引っかかってる陰毛はもう脇にポイッ。

男『「私が今日連れて来たとしても…」ねぇ』

焦点をすり替えて印象付ける。

が、それ以上は言わない。

追求しない代わりに相手の心に「引け目」だけを残してコチラへの追求を防ぐ高度なテクニック。

表面上のプラマイ・ゼロ

相手もクロ

勿論コチラもクロ

互いに勝敗を決めずにいつも通りに。




風呂場で何か言ってる。

女『このコンディショナー、誰の~?』

しまった。

坊主頭の俺に何か上手い言い訳を下さい。


やっぱり男ってのは詰めが甘い。

というお話。

コメント

尊敬します。

いつもブログを拝見しております。
イメージとは違い(失礼)知的で説得力のある文章に魅せられています。

また、コメント一つ一つに返信されておられ律儀な方だと感じました。

リアルでは決して近づくことのできない様な人たちとコミュニケーションを取れることがとても嬉しいです。

私はあなたのファンです。

Re: 尊敬します。

> いつもブログを拝見しております。
> イメージとは違い(失礼)知的で説得力のある文章に魅せられています。
>
> また、コメント一つ一つに返信されておられ律儀な方だと感じました。
>
> リアルでは決して近づくことのできない様な人たちとコミュニケーションを取れることがとても嬉しいです。
>
> 私はあなたのファンです。


コメントありがとうございます。

アーティストでもないただの遊び人の私に対する「ファンです」という言葉はもったいないように思います。

どの記事へのコメントなのか?と少し心配になり確認したところ「パイパン」だの「陰毛」だのと書いている記事へのコメントであることが分かり恥ずかしいかぎりです。

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
27位
アクセスランキングを見る>>