"F.L.L" 由来と裏話。 - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

"F.L.L" 由来と裏話。

r.y.oさんより

『1stのs.s.gの曲を聞きましたが、last pass氏のリリックにf.f.lクルーという内容と、入れ墨にも入っていたのですが、どうも気になりまして... 』

との質問を頂戴しました。

当時、「チーマー」と呼ばれた集団が首都圏で流行し、大宮でも鬼丸が率いたグループが存在し「鬼丸軍団」なとど呼ばれており、

この「鬼丸軍団」という通称はその後「チーマー」というものから「カラーギャング」というものに引き継がれていくのだが、それはあくまで「通称」であって正式なクルー名ではない。

L.A STYLE SHOP"LOOSE"の立ち上げとほぼ同時期にLOOSE創立メンバーによって結成されたのが「F.L.L」というクルー。

因みに

F.L.Lは

FREE LIBEER LIST(フリーリバーリスト)の略。

何か変だよね?

「LIBEER LIST」って…

実は、当時LOOSEのデザインを手掛けていた吉川が辞書から間違えて引用してしまい、採用してメンバーが身体に彫り彫りした後に間違いが発覚。

そう


LIBERALIST(自由主義者)が正解。

もう引っ込みもつかなくてオリジナルの造語として押し通したという裏話。

当時の関係者にも話を聞き

『この裏話は内緒にして下さい』

と言われたが、もう時効だろ。

こんな笑い話、黙ってろと言われても黙ってなんかいられないよ。

この裏話を知らずに

「F.L.L 4 LIFE」と書かれたキャップをLOOSEで購入してくれた人達に申し訳ないもん。

コメント

ありがとうございます

わざわざブログに載せて頂きありがとうございます。
大変良い勉強になりました。
今後のご活躍を楽しみにしております。

LOOSEは最初、与野にあったんですよね⁇

Re: タイトルなし

> LOOSEは最初、与野にあったんですよね⁇


その通りです。

与野駅の西口が第一号店です。

F.L.Lの服カッコよかったので、無くなってしまい残念です。
青のスウェットまだ持ってますが、さすがに首元伸びすぎて着れないです。笑
WESTOPIAも。
LOOSE怖くて入りづらかったですが、TEE TEEさんがとても優しかった記憶があります。
666オフィシャルストアで再販売は考えておられないのでしょうか?
怖くて買いづらいですが、欲しいです。笑

Re: タイトルなし

> F.L.Lの服カッコよかったので、無くなってしまい残念です。
> 青のスウェットまだ持ってますが、さすがに首元伸びすぎて着れないです。笑
> WESTOPIAも。
> LOOSE怖くて入りづらかったですが、TEE TEEさんがとても優しかった記憶があります。
> 666オフィシャルストアで再販売は考えておられないのでしょうか?
> 怖くて買いづらいですが、欲しいです。笑


ブランドの再販ですか?

既にオリジナルのロゴデータなどが存在していないので難しいかと思います。

それに今の時代では作っても売れずに赤字になりそうです。

返答ありがとうございます。
そうですか。
残念です。

確かに今の時代オーバーサイズを買われる方も少ないですよね。
be freeの後の店もこの前行ったら無くなっていて、改めて実感しました。
店舗を構えるのは厳しい時代みたいですね。
ですが、売っている店も貴重なので間違いない商品扱えば売れそうな気もします。ネット販売じゃなきゃ赤字だとも思いますが、、
もし気が変わって販売するようになったら告知お願いします。

音楽活動も同じ埼玉県民として応援してます。
音楽大好きでオールジャンル音楽聴きますが、
MADSTAの凶弾、EAST-WESTめちゃかっこいいです。
このトラック666さんが作られているんですか?
最近のiTunesでランキング入るようなヒップホップの音があまり良いと思えなくて。フリースタイルダンジョンに出てる人が売れるみたいな風潮が、、
呂布カルマと般若と漢は音源も良いので納得ですが。
他の方は音源になるとdisらないし、トラックがお世辞にも良いとは思えません。笑
確かにラップバトルは面白いですが、音源は埼玉勢も負けてないと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
27位
アクセスランキングを見る>>