ここ最近は… - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

ここ最近は…

ここ最近は…

著作権登録のために必要な楽曲と権利者情報の取りまとめ、レーベルコピーの作成に引き籠っている。

KILL MANIAで試行させた「著作権管理」

その実務を可能な限り自分の手で行っている。

それほど難しいものではないが、やはり楽曲の数をこなしていくと様々な疑問や問題が出てくる。

例えば複数のアーティストが参加している楽曲について、そのうちの一人が音信不通だったり。

既にアルバムに収録しているため「今更使用料を支払うのは嫌だ」という者がいたり。

グループ名義で制作したトラックの登録名義をどうするか?とか。

著作権の権利放棄は法的に有効なのか?とか。

一人のアーティストが複数名でリリースしている楽曲があったり。

著作権管理に参入した俺に触発されて権利を主張し出す者が出てきたり。


そんな疑問や問題をその度に専門家の意見を聞いたり調査しながら学び、実践している。


著作権なんてもの、埼玉のほとんどのアーティストには無縁だったのだろう。

いや、縁はあるが関わらなかっただけだろう。

何故か?

金にならないからだ。

実際に著作権登録している埼玉のアーティストに話を聞くと明細にはたばこ銭程度の金額しか記入されていないそうだ。

これでは誰も著作権なんて面倒臭いことには関わらないだろう。

でもよく考えて欲しい。

アーティスト自身が

「俺は絶対に売れて見せる」

と思い、実際に売れたら…

その時になって過去の楽曲著作権が曖昧だったり、権利放棄していたとしたら…

もしメジャーにでも行ってそんな過去の楽曲でベストアルバムをリリースするとなったら…

勿体ない勿体ない。

どうせ放ったらかしにする著作権なら俺に管理させてくれ。

例え今はたばこ銭程度にしかならないとしても将来「俺は売れる」と思ってんなら老後の為の資産として大事にしなよ。

君達が売れてくれれば俺も一緒に儲けられるんだからさ。

ってことで著作権管理に興味があるなら連絡頂戴ね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
29位
アクセスランキングを見る>>