偉そうにすいません。 - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

偉そうにすいません。

「666は近頃ヒップホップについて真剣に考えてるみたいだけどどうしたんだろ? 本職のシノギ減らして音楽で稼いでいくってことかな?」

という書き込みを発見。

残念ながら日本のアンダーグラウンド音楽で「本職のシノギ」を超える利益を得ることは不可能に近い。



音楽で飯が食えず日々仕事に追われているアーティストが、音楽で飯が食えるようになるためにはどうしたらいいのか?

全国を見渡せば実際に音楽で飯が食えてるアーティストはいるわけで、そんな彼等が何故仕事もせず犯罪もせず音楽一本で飯が食えるのか?

そんな見本を研究し、金を生み出すシステムを学ぶ。

で、実践してみる。

失敗したっていいの。

損したってキャバクラ一晩我慢すれば取り返せる程度の赤字だからね。


「アーティストが食える為」

なんて言うと綺麗事に聞こえるかね?

以前から言ってることだが俺にとって音楽とそれにまつわる全てが「趣味」

だから綺麗事もなにもない。

誰かに褒めてもらいたいわけでもなく

有名になりたいわけでもなく

女子にモテたいわけでもなく

大金を稼ぎたいわけでもなく

ただ楽しみたいだけ。

褒められたり、有名になったり、モテたり、大金を稼げたりというのは趣味を楽しんだ先の棚ぼた。

目的ではない。

確かに

…大金は欲しい

が、冒頭で書いたように「本職のシノギ」を超える利益なんてアングラ音楽じゃ稼げない。

でも、アーティストがバイトで稼ぐ給料程度の金を稼げる道は作れるかもしれない。


「仕事しながらのアーティストじゃダメなんかい?」

「音楽で食えなくたっていいじゃないの」

って?

アーティストは好きな音楽で飯が食えたほうがいいに決まってる。

労働時間の8時間が音楽に回せる。

幅が広がるんじゃないのか?




ただこれだけは言っておくよ。

駆け出しのアーティストが仕事もせずに簡単に音楽で飯が食えるような甘ったるい道を作るつもりはない。

それなりの苦労と経験を重ねたアーティストの為の道。

駆け出しのアーティストは仕事と音楽の両立に悩み苦しみ、職場で多くを学び、経験を積んだらいい。

駆け出しでも才能とチャンスに恵まれれば放っておいても何とかなるしね。

「何を偉そうに。お前何様だよ?」

って?

読み返したら…確かに。

すんませんね。


コメント

本職のしのぎって何してるんですかー?

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
21位
アクセスランキングを見る>>