若手がビックステージを望むなら… - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

若手がビックステージを望むなら…

今まで出演していたビック・イベントに呼ばれなくなってショックを受けるアーティスト。

「若手のアーティストを育てる」という志を持った主催者の「誠意」に対し「誠意」で応えられないアーティストへの制裁と警告。

駆け出しの若手が大きなステージに立つことを望むなら、そのイベントに対する「誠意」が必要なのだと思う。

勿論駆け出しだって知名度も集客力もあるアーティストなら黙っててもお声が掛かるだろう。

しかし、イベントに貢献出来る何かがなければ誰も声を掛けてはくれない。

その「何か」とは「誠意」でありその誠意を伝えるための「行動」ではなかろうか?

目指すイベントに客として顔を出し、出演がなくとも言葉を添えて告知をする。

そのイベントに出演したいと思っても何のアプローチも無ければ主催者は気付いてくれない。

とは言え過剰なアプローチは逆にアーティストとしての品格を下げることにもなる。

「ゴマすり」と言われず「不誠実」とも言われない丁度いい「誠意の見せ方」というものを学ぶべきだ。



誰かのコネでイベント出演枠を貰っているアーティストがいるよね。

まぁ最初はそれでいいと思う。

でも次からは自分の力で出演枠を勝ち取らなきゃ。

コネってのは入口への招待状。

そこから先の階段はアーティスト自身の脚を使って登っていかなきゃね。

芸能界じゃないんだよHIPHOPは。

ビジネス以前に「人と人」



どこのイベントからも声が掛からず、自身主催のイベントだけで息巻いてるようなチンケなアーティストにだけはなっちゃいかんよ。

それとね。

誰かのコネだけで何とかなってる駆け出しのアーティストってのは一旦捨てられたら再起不能になるんだからね。

急にヤクザになって威張り散らしてた奴が、堅気になった途端にコテンパンに報復される。

なんて話よくあるでしょ?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
14位
アクセスランキングを見る>>