フリースタイル・バトル - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

フリースタイル・バトル

暇つぶしにYouTubeでフリースタイルダンジョン。

なかなか面白い。

特にR-指定…だったかな?

このラッパーの安定感と言葉の組み立てが見事だ。

でもこのフリースタイル・バトルで喧嘩になったりしないのかね?

「刺す」

だの

「殺す」

だのと平気で相手に吐き捨てる。

俺なら「殺す」なんて言われたら…

どんなルールの下で行われた競技だったとしても面と向かって吐かれた言葉の代償は絶対に払ってもらう。

昔、空手の大会の決勝戦。

「殺してやるよ小僧」

と言われ抜手で相手の目を突いて反則負けした上に自分の左手の指3本を折ってしまったことがある。

元々他人が作ったルールにはこだわらない。


「暴力はご法度」

というのがルールなのかな?

だとしたらこれはラップの総合的な技術と精神力を競う「競技」に近いのかもしれないね。




フリースタイル・バトルについてよく

「USのギャングが血の流れる抗争を回避するためにラップで戦うようになったのが発祥」

だと教えてくれる人がいる。

ホントか?と思う。

血が流れるほどの抗争をいわば「口喧嘩」で収めようってことだろ?

大体は口喧嘩から暴力に発展するもの。

その暴力を口喧嘩に戻して収めるなんて俺の感覚では考えられない。

あっ

でも口喧嘩から抗争に発展し、仲裁者の元で当事者がテーブルに着いて喧々諤々言い争って和解が成立する

ということもよくある話であながち間違っていないのかもね。

コメント

いつも拝見しております。

フリースタイルバトルでしたら、埼玉のスナフキンさんや彩さんも出られてるUMBや高校生ラップ選手権にもmusashibiのhieroさんがちらっと出ておりオススメです。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

スナフキンは先日「競技的なフリースタイル・バトルからの撤退を考えている」と言っていたのを思い出しました。

hieroのフリースタイルは好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
29位
アクセスランキングを見る>>