ストリート Street - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

ストリート Street

昨日のブログへのコメントを見て
「ストリート」というものについて考えてみた。

生きていく為にドラッグや銃器を売ったり盗みを働いたり、時には殺しあったり。
そんな不良や犯罪者及び犯罪の幇助者が他者からの侵略を抑止する為にグループを作り、テリトリーを確保する。

その中で生き方を学び、厳しい掟やルールを身に叩き込まれていく。

そんな場所が「ストリート」なのではないかと思う。

ではこの日本でこんな「ストリート」で生きている、或いは生きて来たというラッパーはいるのか?

俺の知る限りでは数えるほどしかいない。

99%のラッパーは正業を持ち、食うに困ることもなく、犯罪組織にも属さず、マリファナを吸うくらいで犯罪とは縁のない者達。

そんな彼等が吐く「ストリート」には正直噴飯ものだ。

しかし最近ではこの「ストリート」という言葉をメジャーとの対義語として「インディーズ」という言葉に解釈を変えているようだ。

犯罪とは縁のない者達でも「インディーズ」で活動していれば「ストリート」

メジャーに行ったら「ストリート出身」

USと日本のHIPHOPの齟齬を解消する苦肉の策かな?

ってかHIPHOPがメジャーなUSと完全に解釈が逆転してるよね。

まぁUSのHIPHOPと日本のそれとでは齟齬が生じて当たり前。

文化も環境も違うんだからさ。


経済資源のない国に生きる日本人は「真似」と「アレンジ」の得意な民族。

輸入された物を真似て、更に高い水準に仕上げることで国を築き上げて来た。

USのHIPHOPの無難なところ

ファッションだったり飲む酒の種類だったり車だったり、C-WALKだったりB-WALKだったり、ハンドサインやら「マザファッカー」だったり

まずは真似てみる。

で、真似れば問題ありのUS HIPHOPのコアなところは日本人らしく「緩めに」アレンジする。

それでいいと思う。

それしか日本のHIPHOPが生き残る術はないでしょ?

もっともアレンジされたものがはたして「HIPHOP」と呼べるのか?

って思うがね。



ラップ=HIPHOPなの?

ジャニーズのラップもHIPHOP?

ニコニコ動画で配信しているハイレベルなラップもHIOHOP?

サランラップもHIPHOP?

ん?

昔、大量のマリファナをサランラップで包んでたラッパーがいたけど、これはHIPHOPかもね。

失礼、サランラップ。


荒れた環境の中から生まれた音楽。

暴力や犯罪に争い。

そんな環境に身を置いた者達が感じた言葉を俺は聴きたい。

だって俺、それ以外の世界を知らないからさ。

だから好きになったの

HIPHOPが。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
21位
アクセスランキングを見る>>