UZIとのレコーディング - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

UZIとのレコーディング

昨夜はUZI the 9mmとのレコーディング。

大宮駅で待ち合わせて車でBARZのスタジオへ。

スタジオに到着して1時間かからずサクサクレコーディング完了。

からの

浦和BASE近くで飯…

って

UZIとのレコーディングの話が

これで終わりか!!


終わらない。


遡ること2年前。

グループLINEの中で

「いつか酒を酌み交わそう」

という互いの社交辞令。


今年の夏

SUMMER BOMBで初対面。

喫煙所で語り合う。


1ヵ月後

前触れなしにトラックを送り付け

「乗せてくれ」

と頼んだら即座に快諾。

こうなれば話は早い。

この日にRECスケジュールを決めてしまう。


で、ようやく実現した昨夜のレコーディング。

タイトルは

山紫水明

トラックは今まで作ったことのないスタイル。

楽しみにして欲しい



なんて言わない。


リスナーに楽しみを提供するより俺達自身楽しむことが最優先だからね。

あっ2chのアンチ666の人達には

「相変わらずダサイ666ビート」

ってネタを提供出来るかな?



社交辞令の99.99%は社交辞令で終わってしまうもの。

でも俺は社交辞令をそのまま放っては置かない。

どんなに細い糸でも一度掴んだら離さない。

勿論細い糸はピンと張ったまま無理に引っ張れば切れてしまうから、その糸を手繰りながら向こうの手元まで歩を進めて手首を掴む。

掴んだ手首が握手に変わる。

この瞬間がたまらない。



なんだか恋愛哲学みたいだな。

細くて切れそうな赤い糸を大事に手繰って手首を掴み、そのままベットに連れ込み抱き合う。

「この瞬間がたまらない」

って。

確かにその瞬間はたまらない。

異議は

ない。

でも恋愛の話ではない。

そもそも恋愛なんて俺にはよくわからないしね。

俺なら赤い糸なんか無視して極太の投げ縄を首に引っ掛けてさ、力任せに手繰り寄せるもんね。


赤、嫌いだし。



S__5849134.jpg


写真はエンジニアのBARZとUZI&666


白髪交じりで俄か淋しいショボ髭の俺

この日今年の髭マスターBARZ

毅然と立つ美髯公UZI

すいません

無理くり通す話の筋(パクリアレンジです)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
27位
アクセスランキングを見る>>