埼玉プロジェクト2015 レポ - 666 from 666CONNECTION

記事一覧

埼玉プロジェクト2015 レポ

レコーディングを終え、サクッと飯食ってからUZIと共に浦和BASEへ。

11/14は埼玉県民の日。

年1回のイベント

埼玉プロジェクト2015

到着早々UZIの周りで飛び交うテキーラ。

噂通りの酒豪でしたね。

普段あまり飲まないGAYA-Kはテキーラで変なテンションになり

あやぱんも…

この日のあやぱんは最高でしたな。

奥の部屋でGAYA-K筆頭にあやぱんへ質問の集中砲火。

テロッテロに酔っぱらったあやぱんは

「うっせー!」

と返す。

か、かわいぃぃぃぃぃぃ

口は悪いが「女子」になってる。

酔った某SHITが横であやぱんに住所聞いてたが、あれはなんなんだろう?

スナックのママと女房が寝付くまで外で飲む恐妻家のおやじ、の図。

財布なくしてたから空き巣にでも入る気かな?

この日の一番人気はあやぱんでした。

が、

最終的にこの場にはいなかった

「やっぱりFUZIKOが一番」

で全会一致。

あやぱん怒る。

か、かわいぃぃぃぃぃぃぃ

「俺が死んだらキスしろ」

って言ったら

「嫌だ」

って。

か、かわいぃぃぃぃぃぃぃ

いいもん。

男気のあるFUZIKOに頼むから。

でも、GAYA-Kが最後に放った

「FUZIKOのスカート姿が見てみたい」

には断固反対です。

それならGANMAのセーラー服の方がまだ似合いそうだろ。



すいません。

イベントのレポでしたね。

今回の埼玉プロジェクト2015。

企画側としては一言。

失敗です。

1年間配信し続けて、その集大成として年1回開催するこのイベントに全ての結果が表れる。

前回の埼玉プロジェクトの勢いは何処へ?

前回は配信された曲を

「ライブで観たい」

という多くの人達が宮城、秋田、新潟などの遠方から駆け付けてくれたのに…

帰宅して前回、今回の楽曲とMVを改めてチェックしてみたよ。

何がいけなかったのか?

リスナーとしての感覚で見ると

今回は遠くまで出かけて行って「LIVEで観たい」と思うほどの楽曲がない。

コアなファンはただ単に「イイ曲」ってだけでは足を運んではくれない。

「イイ曲」ってだけならダウンロードしたものをスマホで聴いてりゃ充分だからね。

その曲の背景やラッパーの組み合わせ、空気感や響くリリック。

勿論プロモーションの力も大きく作用するが配信されて既に曲を聴かれている以上、そこで評価されなければプロモーションなんて
大した効果は期待出来ない。

健康食品の誇大広告じゃないからね。

「どこのイベントも人は入ってないから…」

なんてのは言い訳にならない。

別に商売じゃないから満員御礼に拘らなくても楽しめればいいとも思うが、埼玉プロジェクトはその場を楽しむ為だけに始めたわけじゃない。

全国に通用する埼玉シーンの成長と結束。

今回は多くの課題を残しましたね。


写真がないから当日の模様はコチラでどうぞ。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

666 from 666CONNECTION

666 from 666CONNECTION

埼玉under ground label
666CONNECTION BOSS

埼玉HIPHOPシーンで暗躍する最低で最悪な日本男児。

■イベント[666CONNECTION]主催
■イベントプロデュース、トラック制作、CD制作・販売、若手アーティストの育成などを行う。
■2014.9 1st アルバム[SAITAMA最前線]をリリース。
■2015.3 コンピレーション・アルバム[THA STREET VIBES]をリリース。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
14位
アクセスランキングを見る>>